装画塾(1日目)

 今月からはじまった装画塾に参加しております。11日はその初日でした。

 記念すべき初日に見ていただいた課題は以下の2点です。

  • 好きな本の装画
  • 手作りお弁当の絵

 あまり詳しく書いてしまうのは良くないと思うので、ざっと振り返ってみたいと思います。

「ミラクル」

 まず、これはプレゼンがダメダメでした。汗。緊張していたのもありますが、それにしてもそれにしてもだったと思います。

 つっかえたり、考えながら話してしまったりで、とても聞きにくかったのではないかと。。

 わたしはプレゼンがあまり得意ではないので、しっかり準備して望まなければならないのです。わかっていながら準備不足でした。反省。

 そして、肝心の絵につきましての反省点・・・、たくさんあるのですが。汗。あまり多く書いてもあれなので、1点だけ。

 指摘していただいて気づいたのですが、どうやらタッチが固くなってしまっていたようです。

 今まで装画を描いたことがなく、よくわからなかったということもあり、もしかしたらわたしの中にある「本の絵」を目指して描いてしまったのではないかと思います。

 そのためにタッチがかたくなってしまって、おもしろみのない絵になってしまったのかな、と。

 あとは、いろいろ考えすぎてしまっているのかな、とも。うーん、うーん。

「手作りお弁当」

 次に、お弁当の絵です。

 どちらかというとこちらは割りとスムーズに描けまして、装画のほうにたっぷり時間を割いたのですが。やはりかかった労力と評価は比例しないと、改めて思った講評でした。

 マイナス点もありますので、次回はそちらにも注意して制作したいと思いました。

 来週の課題は目下制作中です。なんでしょう。まだ時間はあるというのに。変な焦りが止まりません。間に合うと思うのですが、胸のあたりがざわざわします。

 絵だけではなく、時間の使い方も、気持ちの持ちようも、うまくなりたいと思う今日このごろです。

 描いて勉強、他の方の絵を見て勉強、講義や講評を聞いて勉強。勉強勉強の毎日。自分のタッチを磨きながら、スキルアップしていけたらと思います。うおー。